読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋谷ではたらくゲームプロデューサーのブログ

渋谷で働くゲームプロデューサーのブログです

【留年就活】大学3留したけど13社から内定もらえたから、全就活生は安心してほしい。

就職活動

スポンサードリンク

f:id:gameproducer:20160321031009p:plain

 

最近、17卒の就職活動が解禁されたということで

自分も就活系エントリーが多くなっています。笑

 

しつこいようで申し訳ないのですが

最近「Matcher」という就活マッチングサービスで就活相談に乗っているので

就活生とのやりとりも多くなり、老婆心ながら

就活系記事を書き、就活生の一助になればと思っております。

※ブログ内で自身の「Matcher」を公表するのはちょっと嫌なので、

相談があればTwitterにでもDMくれると嬉しいです。

 

gameproducer.hatenablog.com

 

で、なにを書けば一番いいのか、考えてみると

結構な底辺大学生の自分でも内定がもらえたということを書けば

下を見て全就活生は安心してくれるのではないかと、思ったわけです。 

 

ということで、実績を。

  

就活実績□13社中11社内定
・大手広告 1社
・大手生保 1社
・大手通信 1社
・テレビ局 1社
・ITベンチャー 5社
・人材系ベンチャー 2社
※当時人気だったベンチャー企業と人材系メガベンチャーに落ちました

 

当時のスペック・学歴 MARCH 文系
・サークル なし
バイト なし
・留学 なし
・留年 2留
TOEIC なし(未受験)
・平均GPA 0.37
・友だち 0人



と、このような感じです。

 

これくらいの人でもやりようによっては就活・内定なんて楽勝だよってことが

わかってもらえればうれしいです。

 

一応、端的に就活が多少うまくいった要因を書くと

①「留年しても仕方ないよね」というくらいの実績・経験があるor作る

② 誰よりも就活慣れする。(インターン等を利用)

 

具体的に言うと

 

①に関して自分は在学中、

個人事業主としてある程度お金を稼いだ実績があり、

それを盾に留年の上塗りを図っていました。

 

そういう経験がないという留年生も留年していた期間、

没頭していたものを正直に話せばいいと思う。

 

本当にそういうものがない場合でも、この就職活動期間中に作ればいい。

考えればいくらでも出てくる。

 

クラウドファンディングで金を稼いだでもいいし、

マッチングサービスで100人の女の子を捕まえたでもいい。

ブログで~PVを達成したでもいいし、社会人の名刺を~枚集めたでもいい。

 

とにかく自分が留年していた期間を

他の人が費やしてもできないと思える(実際はできてもよい)

実績・経験を作れば留年なんてないに等しいし、むしろプラスになる。

 

(挫折していない)普通の大学生活を送っていた就活生なんて

サークル・バイトしか言うことがないのだから、相手になるわけがない。

 

 

②に関して、これは文字通り就活に「慣れる」ということ。

慣れるというのは

1, 9割は受かるESを作れるようになること。

2, グループディスカッションでは、ゴールまでの道筋を(一人で)作れること。

3, 面接ではどんな質問がきても、論理的な回答ができるようにすること。

 

自分はこれができるようになるため

40社ほどのインターンに参加しました。

 

簡単に書きましたが

これができればどれだけ留年していても、ほとんどの企業から内定がもらえる。

 

ただこれを読んで本当に実践ができる人は留年生である、ないに関わらず

1割もいないと思いますけどね。笑